「自分のアイデンティティを生かせる環境がある」若手システムエンジニアが選んだ「NURO」に関わる仕事
見出し画像

「自分のアイデンティティを生かせる環境がある」若手システムエンジニアが選んだ「NURO」に関わる仕事

ソニーネットワークコミュニケーションズ公式note

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するさまざまなサービスは、多くのエンジニアの手によって支えられています。そんな彼らは、日々どのような思いで仕事に取り組んでいるのでしょうか。

今回は、NURO技術部門基幹ネットワークシステム部の4名に、手がける仕事やそのやりがい、社内の雰囲気など、ソニーネットワークコミュニケーションズで働く中で感じていることを語ってもらいました。

年齢・職歴問わず、正しい意見が反映される 「自分のアイデンティティを活かせる職場」

――今日はNURO技術部門基幹ネットワークシステム部の、基幹システム課と通信インフラ課から2名ずつ来ていただきました。それぞれの課の仕事内容を教えてください。

尾下:私と浅海さんの所属する基幹システム課が行っているのは、「NURO(ニューロ) 光」のアプリケーションまわりの開発と運用です。たとえば、お客さまがお申し込みする際のログイン画面やマイページの作成、管理画面の開発などですね。ビジネスサイドのいろいろな部署から「こういうの作りたいんだけど」と相談があったときに、できるだけスムーズに導入することで、ビジネスを加速させるシステムの構築を目指しています。

尾下 洋平さん(基幹ネットワークシステム部基幹システム課/システム開発会社にてjavaをメインした開発に従事したのち、2020年に入社。趣味は登山で、最も感動したのは川苔山)

相良:基幹システム課が書いたコードを稼働させるには、サーバーが必要。その購入や設計、運用などを行うのが、私と土屋さんのいる通信インフラ課の仕事です。加えて、サーバーのOSの基本的な設計なども行います。簡単に言えば、サーバーを止めないことが私たちの課の目的です。

――どちらの課も、NUROのサービスを提供していく上で重要な仕事ですよね。どのようなところにやりがいを感じますか?

尾下:お客さまはもちろん社員の目にも触れるところなので、使い勝手の良し悪しや「こうしたほうがいい」などの反応をリアルタイムで聞き、要望に応えていけるところに面白みを感じます。

浅海:私は前職で通信キャリア関連の業務システムの開発を行っていました。いわゆる「言われたとおりに作ることが求められる仕事」だったのですが、当然ながらソニーネットワークコミュニケーションズでは自分で作るものを決められるので、そこに何よりのやりがいを感じます。常に新しくてより良い方向を考えるように、仕事への取り組み方も変わりましたね。

土屋:それ、よくわかります。私は前職でSES(System Engineering Service)として派遣先企業のプロジェクトに参画していたのですが、「言われたとおりに作ることが求められる仕事」では「こっちのほうがいい」と思っていても、提案ができないんです。今は自分の考えが形になっていくので、自分のアイデンティティを活かせていると感じます。

相良:提案しやすい環境はすごくありますよね。それに、自分の意見が採用された瞬間はやりがいを感じるときでもあります。たとえば新卒1年目のメンバーが「こうした方がいいのでは」と話した意見がそのまま採用されたことも。私は転職してまだ1年ですが、誰の意見でもきちんと聞いてくれて、理に適っていれば採用してくれる土壌があると感じる場面は多いですね。

相良 悠太さん(基幹ネットワークシステム部通信インフラ課/通信会社にてセールスエンジニア等を経験したのち、2020年に入社。趣味はサッカー、読書、旅行。最近社会人サークルでバドミントンを始めた)

尾下:意見が通りやすいのは基幹システム課も同じで、上司も「意見があったらいつでも言って」と待っていてくれますね。

「要件定義からリリースまでを担当できる」 NURO技術部門で働く醍醐味

――皆さんは中途入社ですが、入社のきっかけは何でしたか?

相良:私は新卒で入社した前職の通信会社で、中小企業向けのセールスエンジニアなどの業務をしていました。ジョブローテ―ションでいろいろな部署を経験する中で、「このままだと自分の希望通りではない将来が待っているのでは」と危機感を抱いたことが転職のきっかけ。自分のキャリアは自分で決めたいと考えていたときにソニーネットワークコミュニケーションズと出会い、「キャリアチャレンジ制度」で異動希望を出せることや、発言しやすい自由な社風に惹かれました。

尾下:私はもともとシステム開発会社で、javaをメインとした開発に従事していました。システムを作ったらすぐに別の現場へ行かなければならず、作ったものがどのように運用されているかまではわからなかったんですよね。そのため、次に働くのは自社サービスを持っているところが良いと思いました。当時からNUROのサービス自体に勢いがあったので、自分もその一員として働いてみたいと感じたのが入社のきっかけです。現在はシステム開発後の経過を見届けることができ、どういう反応が来ているかまで知れて、自分が作ったものにより愛着を持てるようになりました。

浅海:自分で手がけたものを世に出して、羽ばたいていく様子を見守れるのはやっぱり事業会社の大きな魅力ですよね。転職活動をしているときは「事業会社だとマネジメント業務が増えて自分でサービスを作る機会が減ってしまうのでは」という懸念もあったのですが、ソニーネットワークコミュニケーションズは要件定義からリリースまで全部でき、スキルを伸ばせる職場であることが決め手になりました。

土屋:携われる業務範囲が広いですよね。私も入社前に募集要項を見て同じことを感じました。あとは、入社前の面談で、自分の足りない部分や目指す場所を再確認させてくれる貴重な意見をくれた人がいて、「この人のようになりたいな」と思ったことも大きかったです。ちなみにそれが、現在の私の上司です。

土屋 知輝さん(基幹ネットワークシステム部通信インフラ課/SESとして派遣先企業にて設計・構築・試験を担当したのち、2020年に入社。趣味はゲーム、ギター演奏、プラモデル制作。ギター&ボーカルを担当していたバンドのジャンルは青春パンク)

――実際に働いてみて職場の雰囲気などはいかがですか?

土屋:ひとことで言うと、エンジニアにとって理想的な職場(笑)。提案や意見がしやすいし、リモートワークができているのも大きいですよね。

浅海:特にエンジニアは、夜間の対応が必要になることもありますが、自宅から対応できるのはかなり嬉しいところです。

相良:Slackなどを利用しているので、非対面でもコミュニケーションは取りやすい環境だと思います。

土屋:あとは休暇の取りやすさもありますよね。急ぎの案件がなければ「明日休もう」くらいのフランクさで休めますし、「エンジニアなので休みづらい」なんてこともありません。

――スキルアップに関しては、どのような制度がありますか?

浅海:いくつかのテーマの中から自分で選んで参加する「選択型研修」があります。

相良:通信インフラ課では週2回、スキル向上のための1時間ミーティングをおこなっています。上司にわからないことを聞いたり、若手が調べたことを発表したりして日々学んでいます。また、他社の勉強会に参加することもありますよ。

助け合い、積極的に協力する。チームで動く楽しさ

――今後は、どのようなキャリアイメージをお持ちですか?

浅海:以前はバリバリの技術職でしたが、入社してみるとチームのマネジメントにやりがいを感じられるようになって。今後は技術も磨きつつ、ピープルマネジメントもできるようになっていきたいです。

浅海 将太さん(基幹ネットワークシステム部基幹システム課/通信キャリア関連の業務システム開発等を経て、2017年に入社。趣味はバスケ、フットサル、ゴルフ。スポーツに限らず、誰かと何かをすることが好き)

尾下:私もマネジメントは意識しています。どこの現場にもプロダクトに精通した人がいると思いますが、長く勤めることでそういった人になれたらいいなと考えています。また、サービスは今後さらに拡大していくので、サービスに負けないよう、私たち自身も常にアップデートしないと、と考えています。

相良:私の目標は、今後はクラウドの技術やソフトウェア開発の知識も身につけながら、エンジニアとして成長することです。また、会社としては「CHANGE」という言葉をビジョンや行動指針に掲げており、「変えちゃいけないものはない」という考えのもとみんなが働いています。「悩んだら新しい方を選ぶ」を意識していきたいです。

土屋:古いものを更新していくのもエンジニアの仕事。技術はどんどん新しくなりますし、それに置いて行かれないよう、常にアンテナを立て、情報収集していくことは必須だと思います。僕の場合、まずは「考えられる人」になるというのが直近の目標です。

――最後に、この記事を読んでくださっている読者の皆さんや、現在転職を検討している方に向けてメッセージをお願いします。

尾下:ソニーネットワークコミュニケーションズは、やりたいことにチャレンジさせてくれる「懐の大きい会社」だと思います。もしここでの仕事に興味がある方がいれば、ぜひ飛び込んでみて自分を試してほしいですね。

土屋:今やりたいことができないと感じている人は、ソニーネットワークコミュニケーションズの門を叩いてほしいです。エンジニアの仕事は、ひとりではできない仕事ばかりです。助け合い、積極的に協力できる人こそが向いていると思います。

浅海:あとは、知識欲があることも大事かと。新しいものが好きな人も社風的に向いていると感じます。実際に社員と話してみると雰囲気が分かるのでおすすめですね。どんなことも包み隠さず話してくれるので、働き始めたあとのギャップも少ないと思います。

相良:転職は自分にとって大きな決断でしたが、本当に決断してよかったなと思います。もし今、悩んでいる方がいたら勇気を持って踏み出してほしいですし、その先が私たちのところなら嬉しいです。


ソニーネットワークコミュニケーションズでは、現在システムエンジニアの採用を行っています。詳細はこちらから。ご応募、お待ちしています。


この記事が参加している募集

私の仕事

企業のnote

with note pro

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Mahalo~🏄
ソニーネットワークコミュニケーションズ公式note
ソニーネットワークコミュニケーションズの公式noteです。このnoteでは、わたしたちが大切にしていることや、今取り組んでいることなどをお知らせしていきます。